【ラマダン11日目】体の革命か。ついに食欲、廃止へ。

Pocket

ーも、コーヘーです!

 

ちょっと時事ニュースっぽいタイトルです。

 

 

 

あることに気がつきました。

これはもう革命です。

 

 

僕の欲求の一つ、「食欲」がなくなりました。

 

 

 

ちょっと大げさに聞こえますよね。

これは説明が必要です。

読むのに3分ください。

 

 

 

 

まずなんでそう思ったかというと、

 

・15時まで特に腹が減らない

・特段美味しいものを食べたいとも思わなくなった

 

からです。

 

 

もう15時までお腹が空いたな

とは思わなくなりました。

 

そして、その後仕事をしているとすぐに忘れて、

19時くらいにようやく通常の空腹感がきます。

 

 

それも1週間目のような

待ち遠しくて耐える感覚はもうありません。

 

 

ただただ生命維持のために食事を取る

というスタンスに近いです。

 

 

 

また、

食事一回だけやし美味しいもの食べたいな!

とも思わなくなりました。

 

 

それよりも

体に必要なものを取り入れたいと思うのです。

簡単にいうと、量より質。

 

 

エネルギーが多くて、栄養価が高いような

偏らない食事をしたいのです。

 

 

なかなか面白いことになってきました。

 

 

 

 

「ちょっと待て!

食べてるのに食欲がないってなんや!」

 

ってツッコミ待ちの皆さん、

もう少し読んでください。

 

 

 

まず「食欲」には種類が2つあります。

「食べる欲」と「食べたい欲」です。

 

 

人間生きる以上、食べなくてはなりません。

でなければ死んでしまいます。

これがなくなることは決してありません。

 

俺は時間大事にしてるから

特に食べるものは気にせえへん!

って人も世の中にいます。

 

 

つまり、この「食べる欲」とは、

生命維持のために食べるという

“行為”に対する欲です。

 

 

 

しかし、人間は欲深い生き物で

より美味しいものを沢山食べたいと思うものです。

 

 

自分の好きな肉を食べまくりたい

お気に入りの酒を毎日飲みたい

とか思いますよね。

 

 

つまり、この「食べたい欲」とは、

自分の好きなものを好きなだけ食べたいという

“贅沢”に対する欲です。

 

 

 

そして

僕になくなった「食欲」というのは

後者の「食べたい欲」です。

 

 

 

お菓子やジャンクフードは

今は受け付けません。

 

 

甘党は変わらないので

糖分はフルーツから摂ります。

 

 

 

ただ、一つだけどうしても欲しくなるものがあります。

 

 

中に大量の白い固形物が溶け込んでいる

黒い液体型ドラッグのコカです。

 

 

 

こいつだけはほぼ毎日です。中毒性。

なんと言うか水はいらんからこれ。

 

 

味はもちろんですが、

それ以上にノド周辺が一瞬で爽やかになるんです。

これが最強に気持ち良い。

 

 

1日何も飲まないでいると

ノドに刺激が欲しくなるんですよね。

 

 

いつかこれも断ちたいなあ。。。

 

 

まだ修行がいりますね。

 

 

「食べたい欲」はないけど

「飲みたい欲」をなくすにはまだ上のレベルがあるようで。

 

 

それではこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Go ahead!

 

\この記事をシェア/

コメントを残す