【ラマダン21日目】ルアージュが出発しない。

Pocket

ーも、コヘです。

 

 

今日は仕事終わったら

チュニスに移動です。

 

 

 

モナスティルからチュニスまでは

ルアージュという乗合バスで行きます。

 

 

何気にルアージュについての記事は

初めてですね。

 

 

 

チュニジアでは、

タクシーの他にルアージュが

主な移動手段になります。

 

 

中長距離は電車かルアージュです。

ルアージュの方が融通ききやすいです。

 

 

ルアージュは8人集まれば出発します。

基本15分あれば集まります。

 

 

 

各都市には

ルアージュ乗り場というのがあります。

 

 

これはルアージュ乗り場。

 

モナスティル

 

 

チュニス

 

 

スース

 

 

今日はモナスティルからチュニスです。

料金は10.550TND(約500円)で、

所要時間は2時間〜2時間半でした。

 

 

ラマダン期間では

夕食前には交通機関がほぼストップしています。

 

 

タクシーも、バスも、ルアージュも、電車も。

 

 

僕は16時前にモナスティルの

ルアージュ乗り場につきました。

 

 

いつもよりかは人がいませんでした。

大丈夫かなーと思いつつ、

チケットを買って乗って待ってました。

 

 

 

・・・。

 

 

いつまで待っても人が集まりません。

しまいには運転手が集まって喧嘩みたいなのが始まりました。

人だかり。流石にカメラは向けられなかったけど。

 

 

 

結局、1時間半ほど待ちました。

それでも集まったのは5人でした。

 

 

こういう場合は

プラスで料金を払うようです。

 

今回は全員2TNDずつプラスで払いました。

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、ラマダン期間中は・・・

 

・ルアージュは15時までに乗ろう

・タクシーは18時半までに乗ろう

 

 

 

旅行の際は気をつけるようにしましょう!

 

 

夕食後は20時半にはある程度復活します。

ルアージュはそんな遅くまでやってないと思いますが。

 

 

 

以上、ルアージュが出発しない、でした。

ラマダンの日中は観光に不便が多めですね。。

 

 

Go ahead!

 

\この記事をシェア/

コメントを残す