【ラマダン7日目】老いと筋トレのお話。

Pocket

今日は、老いと筋トレの話。

 

年齢とともに

体の修復と回復に時間がかかるようになった。

 

 

 

サッカーしてた小学生の頃は

軽い傷は1週間で完治するし、

一日中走り回っても寝たら全回復してた。

 

 

けど昨日ジム行ったら

今日の朝起きられないくらい体重かった。

回復中やなーって感じるくらい。

 

 

んで寝た。

 

 

この回復力の低下を遅らせるには

筋トレして若い身体を保つこと。

 

 

 

そーいえば、

筋トレってすごいよな。

 

 

何がすごいって、

あんなに結果で示してくれるもんはない。

だって継続すれば絶対筋肉つくもん。

 

 

 

勉強やスキル磨くための努力は

結果に結びつくまでに時間かかったり

ほんまに成長してるかわからんかったりで

途中で挫折しやすい。

 

 

というか特に目的を失いやすい。

自分でやるって決めたとしてもね。

 

 

 

けど筋トレって

目的は筋肉をつけるためって明確やし、

それ以外ぶれることは絶対ない。

 

 

ただ結果は100%自分に依存する。

挫折しにくい代わりに、性格に左右されやすい。

 

 

 

筋トレは、自分と向き合う簡単な方法。

 

 

自分の成長のためにどんだけ自分をいじめられるか。

自分に甘くするのはなんぼでもできる。

 

 

んでなんでかわからんけど、

ジムで必死に頑張ってる人は

9割方、心優しい。笑

 

 

超ストイック。自分に厳しいのかな。

 

 

 

最後にジムに書いてある

名言を共有して終わります。

 

Ability is what you are.

Motivation determines what you do.

Attitude determines how you do it.”

 

“能力とはあなたが何者であるかだ。

モチベーションはあなたが何をするか決める。

姿勢はあなたがそれをどのように実行するかを決める。”

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Go ahead!

\この記事をシェア/

コメントを残す